ポイント投資の資産管理をするなら家計簿アプリ「マネーフォワードME」がおすすめ

ポイントで資産運用

こんにちは(^-^)
ポイントで投資を行っているポイ株ママです。

今日は「ポイント投資を始めたら、開設している証券口座が増えすぎちゃって管理に困っている!」という方へ、おすすめのアプリのご紹介をしたいと思います。

結論から先にお伝えすると、おすすめアプリはコチラ

次の章から詳しく説明していきます。

ポイント投資で増えていく証券口座

私が現在行っているポイント投資は4つです。

1:楽天ポイント→楽天証券
2:dポイント→SMBC日興フロッギー
3:Pontaポイント→auカブコム証券
4:Tポイント→SBIネオモバイル証券

ポイントごとに利用できる証券会社が違うので、都度利用したいポイントに合わせた証券会社の口座を開設する必要があります。

ポイント投資をしている皆さんはいくつの証券口座をお持ちでしょうか?

人によっては、上記4つの他に「LINEポイントをLINE証券で運用中だよ」という方もいるでしょうし、「セゾン永久不滅ポイントをセゾンポケット」で運用しているという方もいそうですね。

こんな感じで、ポイント投資をしていると各社のポイント報酬と、それに応じたポイント投資の運用口座を作ることになり、口座がどんどん増えていくという事態になりがちです(^^;)

さて、そのポイント投資の総額、どのように把握していますか?

ポイント投資の総額って今いくら?

勢いに任せて作ってしまった証券口座。
(私はこのタイプ・・・笑)

それぞれ購入している株も違うことでしょう。
日々の値動き。
リターンはどれくらいになっているか。
今どれくらい投資しているんだっけ・・・・?

口座開設当初の私は、ひとつひとつの証券会社にログインして、投資額やポイントの確認を行いながら、次は何を購入しようかと思考をめぐらせていました。

いちいちログインすることが面倒と感じることもなく(←麻痺?)
そういうものだと割り切っていたのです。

でもよくよく考えると(いや、考えなくても)
これ、確認作業だけでとても面倒ですよね。

一度でサクッと把握できたらいいのに!

それをかなえてくれるのがマネーフォワードMEのアプリです。

マネーフォワードMEアプリのメリット

マネーフォワードMEは家計簿管理アプリとして有名なアプリの一つです。

既に使っているという方も多いかもしれません。

今回はポイント投資の管理をするという点に着目して、マネーフォワードMEアプリのオススメ点をご紹介したいと思います。

アプリダウンロード後に保有しているポイントカード番号、証券口座の登録を行うだけであとはほったらかしで日々の動きがわかります。

メリット1

投資した金額と、投資する前の保有ポイントが一度に把握できる

画面右下の「口座」というボタンをタップすると、ポイントごと、証券会社ごとに保有ポイントと投資金額がわかります。

メリット2

投資資産の上下動に連動して見える化。(前日比較もできる)

証券口座の一つをタップすると、投資を始めてからの推移を期間ごとに見ることができます。
私の例でいくと、SMBC日興フロッギーで運用中の資産は今のところ右肩あがりですね。

メリット3

購入している商品(個別株か、投資信託か)の総計が一目でわかる。

更に「内訳」のタブをタップしてみましょう。
すると、その証券口座で購入している商品の内訳を見ることができます。
矢印のアップダウンで前日から上がったか下がったかがわかります。

イオン北海道の株は先月から下がりっぱなし…(;ω;)

ちなみに「MRF・お預かり金」という項目は、先月入ったイオン北海道の配当金です。
(ポイント投資で初めて得た配当金♪100円に満たない額でも嬉しい!)

評価額の下に青字で評価損益が表示されています。
リターン率も一緒に見られるのが便利ですね。

マネーフォワードMEアプリのデメリット

つづいて、マネーフォワードMEのデメリットについてです。
「使いずらいな、もっとこうだったらいいのにな・・・」
というマネーフォワードMEのデメリットは、無料版から有料版にすると解決するものがほとんどです。

ですので、下記に上げる項目は無料版のデメリットといってもよいでしょう。

デメリット1

無料版は更新がリアルタイムではない。少しタイムラグがある。

→有料版にすると自動更新の頻度が高くなります。

デメリット2

紐付けできる銀行や証券会社の数に縛りがある。無料版は10件まで。

→有料版にすると口座連携数無制限。

デメリット3

保有している株のセクター(業種)別などで見ることができない。

→基本的に家計簿管理アプリなので、個別株の詳細を様々な角度から切り取って確認することはできません。(無料・有料問わず)

デメリット4

保有口座全体の内訳・推移のグラフが見られない

→有料版にすると、グラフ化されたデータを見ることができ、より資産管理がしやすくなります。

デメリット5

1年以上前のデータは見られない。

→有料版にすると閲覧可能。昨年比や年間推移を確認することができます。

ざっとこのような感じですが、有料版に切り替えることで解決できるものがほとんどですね♪

初めてアプリをダウンロードされる方は、有料版を1ヶ月無料で試すこともできます。

お試しでやってみて無料で十分だなと感じたら、無料期間終了後に無料版に戻すことも可能です。

参考までに、有料版(プレミアムサービス)の月額プランは480円。
年額プランは5300円です。

ポイ株ママのマネーフォワードMEアプリの使い方

ちなみに私は無料版で利用しています。

個別株と投資信託の割合を把握して、次にどの商品に投資するかを決める目安にする程度の利用。

バランスをざっくり見られれば良いので、今のところ無料版だけで完結しています。

より詳細を把握したいときや、ポートフォリオの見直しをしたいときは、自作している資産管理用のGoogleスプレッドシートを使ったり、Yahooファイナンスを使用するなどして、ツールの使い分けをしています。

マネーフォワードMEは日々のざっくり管理。
「ちょっと確認したい」「ふと思い立った時に確認したい時」全体を把握するのに適しているので、家計簿機能を使わない私は無料版で十分だなと感じています。

「がっちり管理したい」「家計簿も同時につけたい」という方には有料版をおすすめしますが、気軽にポイント投資の資産が把握できればいいよ〜という方には無料版で十分ではないかと思います。

ポイント投資の資産管理に困っている方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか♪

ひっそり参加中↓いつもクリックありがとうございます♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました